NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

【スゴイ!】260万人YouTuberないとー 『URIBO NFT』とは?特徴と将来性を解説

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

Baby panda
Baby panda

Youtube登録数260万人の【おるたなチェンネル】ないとーさんが発行する愛猫の『URIBO NFT』 (うりぼー)って持ってるとどうなるの?

Youtubeで大人気のおるたなChannelのないとーさんのジェネラティブNFT愛猫の「URIBO NFT(うりぼー) 」について特徴や購入方法、今後の展開について解説します。

この記事を読むことで得られる知識

おるたなChannelないとーさんの特徴

URIBO(うりぼー)特徴

URIBO(うりぼー)の買い方

URIBO(うりぼー)を買う際の注意点

URIBO(うりぼー)のよくある質問

URIBO(うりぼー)の将来性

NFTのプロジェクトは多すぎてどの情報を取ればいいのかわからない

時間が無くて調べる時間があまり取れない

そんな方に向けて無駄な情報を省いて要点だけをまとめています。

記事の信頼性(takutakuタック)

NFTの保有額7桁以上

日本最大級NFTマーケットプレイスHEXA(ヘキサ)アンバサダー

「URIBO(うりぼー)ってどんなNFTか知りたい、保有特典はないのかな?」そう思っている方は多いと思います。

URIBO(うりぼー)を保有すると数々の特典があるのでこの記事で詳しく紹介します。

まずURIBO NFTを購入するには暗号資産のETH(イーサリアム)が必要となってきます。

この記事では僕が実際に使っているコインチェックを使ってETH(イーサリアム)購入からNFT購入までを解説していきます。

編集者オススメ取り扱い通貨数おすすめ度公式サイトURL
23種類 Coincheck
30種類 bitbank
21種類 【GMOコイン】
20種類 SBI VCトレード
コインチェック

Coincheck登録はコチラ

目次 非表示

おるたなChannelないとーさんの特徴

項目説明
名前ないとー(おるたなチャンネル)
発行NFTURIBO(うりぼー)
Youtube おるたなChannel
Twitter(本垢)公式ツイッター
Twitter(サブ)公式ツイッター
Discord公式ディスコード
OpenSea公式NFT販売所

ないとーさんってどんな人?

イケメン『ないとーさん』は渋谷ジャパンさんとYoutube【おるたなChannel】をされており、2023年7月28日時点では260万人の登録者がいる大人気Youtuberです。

お二人は明治大学のお笑いサークルで知り合った仲で今でもこうしてYouTubeで活動しています。

ないとーさんのプロフィールですが、

  1. 本名 内藤ダイチ
  2. 年齢 1990年2月12日(33歳)
  3. 出身地 千葉県
  4. 血液型 B型

10年以上Youtube を続けられており、軽快なトーク力で多くの人から支持を得ている上に、10年を越えてこれからは新たなメンバーも加えての活動となりまだまだ人気が出てくることが予想されます。

『おるたなChannel』再生回数8800万回以上の大人気動画

おるたなチャンネルの下記のチャンネルは8800万回も再生せれている超人気動画となっています。

他にも数多くの動画をUPしているので是非見て下さい。

実はこのチャンネルの他にも個人で運営している『ないとーVlog』では一人旅や商品紹介をしていて、登録者数も260万人を超えている超人気動画となっています。

Naito cat’s pajamas NFTもこれまでに販売している

今回紹介するジェネラティブURIBO(ウリボー)の前に「Naito cat’s pajamas」という1点もののNFTをオークション形式で販売されています。価格は1ETH以上【25万円以上】の価値のものが存在しています。

ないとーさんはNFTに強い将来性を感じており数多くのNFTを所有しながら、自身でも早い段階でNFT販売の実績を積んでいます。

それでは2023年8月5日発売のジェネラティブNFT『 URIBO(ウリボー) 』についても詳しく解説していきます。

URIBO(うりぼー)の特徴【5選】

出典:URIBO

URIBO NFTはジェネラティブNFTとなっておりすべて絵柄の違う作品が10000枚限定で販売されています。

ないとーさんがURIBOのジェネラティブNFTにかける思いは、

「NFTがこの先どんな時代を作るのかを最前線に立って見てみたい!」 冷静に考えたらこのNFT冬の時代に挑戦するのはデメリットの方が大きいかもしれません。 ただNFTの5年先、10年先の未来を見据えた時に、今こそ挑戦する価値がある」こう考えています。

発行NFTURIBO(ウリボー)
価格0.005ETH(プレセール)
販売個数10000枚限定
URIBOTwitter公式HP
Youtuberないとー Twitter公式Twitter
Open Sea公式NFT販売所
https://twitter.com/torokerooooo/status/1680528650146312198?s=20

1、URIBO(ウリボー)NFT冬の時代に【7111体】全て完売!

発行NFTURIBO(ウリボー)
販売個数10000枚限定
初回販売枚数7710枚
初回購入者AL保有者
販売開始2023年8月5日(AL保有者セール)
2023年8月6日(AL保有者早押しセール)

購入できるのはAL(アローリスト)といって事前に予約やプレゼントされた人のみがもらえる権利保有者。

8月5日12時〜8月6日17時30分のプレセール初日(AL保有者のセール)はAL保有者はランクによって特定数購入を必ず購入できました。【この時点で5500体以上購入】

2日目の8月6日18時〜21時に設定されていた「AL保有者早押しセール」では残り約1500体の早押し!そこではたった4分で完売しました。

2、URIBO(ウリボー)のイラスト作成は「しもんずげーとさん」

URIBOのイラスト制作は「しもんずげーとさん」NFT界隈ではかなり有名な方、

自身のNFTプロジェクトでもトータルボリューム約20ETHと驚異的。

URIBO NFT(うりぼー)を見てもらったらわかると思いますが、多くの人から愛されるイラストを描くことに長けている方なので今後も爆発的人気が出るクリエイターの一人でしょう。

3,URIBOプロジェクトメンバーが豪華

URIBO(うりぼー)が成功するプロジェクトであると言われる理由が「ないとーさん」の認知度だけではなくプロジェクトメンバーにもあると考えられます。

僕も2022年からNFTに参入して活動をしているので、知っている方々がズラリと集結しています。冬の時代と言われるNFTもこのプロジェクトが大きな波を起こすんじゃないかと思わせてくれます。

URIBO(うりぼー)プロジェクトメンバー

Co-Founder :ないとー(@torokerooooo

Creator :しもんずげーと(@shimonzgate

Engineer :けいすけ(@kei31

Discord Engineer :ガリバー(@gulliver_nft

Adviser/Marketer :全力まん(@zenryoku_eth

Marketer :なりタイ園長(@naritai_hojosen

All Support ・NFT COLOR(@Nftcolor22

4,ないとーの愛猫うりぼーがモチーフ

URIBO NFT(うりぼー)はないとーさんの可愛い愛猫がモチーフとなっています。

NFTにかけられる思いも、ネコのように「やりたいように自由に生きたい」といというのが込められています。

5,販売開始までの下準備が桁違い

ないとー氏は有名NFT界隈の方々とほぼ毎日対談をTwitter内で行っています

自身のYOUTUBEの撮影の傍らこうした活動を欠かさない事は、ないとー氏の人間性やプロジェクトの信頼できることが容易に想像できます。

またこうした活動が多くの方に知ってもらうためには重要となってきます。

日本でもここまで綿密に計画しているプロジェクトは少ないでしょう。

6,プロジェクト開始前に雑誌でも紹介された

出典:Get Navi

プロジェクトの認知度がすさまじく広がっているのは、これまでのチャンネル登録者とNFT界隈だけでなく一般の方への認知できる雑誌で紹介していることもあります。

Youtubeで成功される苦労の中で広告の大事さを知っているからこそのここまでできるんだろうなと思います。

雑誌にも書いているように「世界一のプロジェクト」というのもこうした下準備をしている人の元にやってくるように感じます。

NFTアートの基本的な概念と3つの特徴を解説

NFTアートは、非代替可能トークン(Non-Fungible Token、NFT)と呼ばれるデジタルアセット【資産として価値のあるデジタルデータ】を用いて表現される芸術作品のことを指します。NFTはブロックチェーン技術によって記録・管理され、個々の作品が一意であり、他の作品と交換することができません。これによって、デジタルアート作品にも所有権が割り当てられ、盗作や複製が容易ではなくなります。

NFTアートの基本的な概念は、デジタルアセットをトークン化してブロックチェーン上に記録することで、そのアート作品の所有権を保証するという点にあります。

NFTの基本的な概念

NFTアートの基本的な概念は、デジタルアセット【資産として価値のあるデジタルデータ】をトークン化してブロックチェーン上に記録することで、そのアート作品の所有権を保証するという点にあります。

特徴についても3つ解説します。

  • 希少性と価値の上昇
  • 個別性とオリジナル性
  • 透明性と信頼性

1,希少性と価値の上昇

NFTアートは一意のトークンであり、限られた数しか存在しません。人気の作品は需要が高まり、希少性によって価値が上昇することがあります。

NFTで有名なのが『CryptoPunks』9991体限定のジェネラティブNFT

その中でも9体しか存在しないエイリアンは8000ETH【現在価格は約20億円】で取引されています。

こうした唯一無二なNFTは認知されると、希少性があると判断されて価値が上昇する可能性があります。

2,個別性とオリジナル性

NFTアートは一意のトークンとして発行され、他の作品とは異なる個別性を持ちます。これによって、作品のオリジナル性が保たれます。

【発行者・ユーティリティ・作品の完成度】こうした要素で大きく個性が出ると言えます。

3,透明性と信頼性

ブロックチェーンの特性により、作品の履歴や所有者情報が公開され、作品の信頼性が高まります。

URIBO(うりぼー)の買い方

出典:URIBO

URIBO(ウリボー)の購入方法は以下の2種類。

  1. AL(アローリスト)を獲得してプレセールで購入
  2. 8月5日以降の二次販売で購入

 1, AL(アローリスト)を獲得してプレセールで購入

ALリストとは事前に応募【7月26日〆切】した方の中で抽選で購入権が得られるというものです。「決められたプロジェクトのNFTを保有することで応募する方法」「ALプレゼント企画に応募」のどちらかで下記のサイトから応募が可能でした。

ちなみに当選者の発表は7月30日を予定されているので見逃さないでくださいね。

当選すると8月5日【時間は現在不明】のディスコード内にリンクが貼られるのでそこから購入可能です。

 2, 2023年8月5日以降の二次販売で購入

次にAL(アローリスト)の当選に外れてしまった方と、抽選に参加せずに通常で購入する方の購入方法を解説します。

購入方法は以下になります。既に暗号資産取引所の登録も済んで、購入に慣れている方は飛ばしてください。

初心者の方が迷わずに購入できるように1から順に画像を50枚以上使って解説していきます。

  1. コインチェック(Coincheck)口座開設
  2. メタマスク(ウォレット)の作り方
  3. Coincheck(コインチェック)仮想通貨を購入しメタマスクへ送金
  4. NFTの購入方法

①コインチェック(Coincheck)口座開設

コインチェックはアプリダウンロード数No1です。有名人がCMなどに出演しているので多くの人がすでに知っている企業です。大きな特徴としては、

  • 国内暗号取引アプリダウンロード数【No1】
  • 21種類の暗号資産が購入可能
  • 最短10秒で購入可能
  • 積立投資も可能

アプリがダントツで使いやすく初心者の方が安心して利用できる暗号資産の取引所です。

暗号資産の取り扱いが初めてで、

ビットコインを買いたい!イーサリアムを買ってNFTも買いたい!

という方には特におすすめできます。それでは画像を使って解説します。

コインチェック

Coincheck登録はコチラ

Coincheck(コインチェック)の口座開設をします。

口座を作るに以下の3つの手順が必要です。

順番に開設していきますが、わかる方はサクサク進めていっても大丈夫です。【全て目安は10分です】

ただ、送られてくるメールが英語だったりで少し躓くポイントもあるのでわからなければ参考にしてくださいね。

手順1:メール登録

手順1−1 口座開設

まずはCoincheckコインチェック)のサイトの「口座開設はこちら」をクリックします

手順1−2 メールアドレス入力

・ご自身のメールアドレス

・パスワード※わかりやすい番号は避ける(あとから変更できます)

手順1−3 メール確認

手順1−4 届いた英語表記のメールを確認

すると、英語表記のメールが届きます。英語表記なので戸惑うかもしれませんが黄色で引かれたURLをクリックするとコインチェックのページへ飛びます。

このような件名のメールが届きます…

【メールアドレスの登録が完了しました】

Email address registration has been completedとメールが届きます。

メールの内容は、

Thank you for signing up for Coincheck.

Your email address has been registered.
Please click the URL below to confirm your email address.

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

Need more support:
https://faq.coincheck.com

Coincheckにご登録いただき、ありがとうございます。

お客様のメールアドレスが登録されました。
下記のURLをクリックして、メールアドレスをご確認ください。

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

もっとサポートが必要です。
https://faq.coincheck.com

黄色でマークされたURLをクリックしてください。

手順1−5 ログイン

すると、コインチェックの画面にとびますのでそこでサイトログインをします。

すると再度メールが届くので、URLをクリックし下記のページに戻って「更新」を押せばstep1は完了です。

手順2:基本情報の入力

手順2−1 電話番号認証

続いて電話番号認証を行います。画面右上の「取引アカウント」から登録を行います。

電話番号を入力すると携帯に6桁の認証コードが届きますので、コードを入力します。

コードが届かない場合

方法としてはもう一度再送する。それでも届かない場合はつないでいるネットワークの関係で届かない場合があるのでこのように対処しましょう→例えば)自宅のWi-Fiを使っているなら携帯電話のネットに切り替える。

僕の場合、初めは携帯電話に認証コードが届きませんでしたが、この方法で解決しました。是非試してみてください。

手順2−2 重要事項の承諾

電話番号の認証をしたあとは「重要事項の承諾」を行います。すべての欄にチェックを入れないと次に進むことができないので、すべてにチェックを入れます。

手順2−3 本人確認書類の提出

次にアプリを使って登録をしていきます。「アプリのQRコードを表示」をします。

※アプリが使えない人向けにもありますのでそちらでも登録可能です。今回はアプリでの登録方法を解説しますね。

QRコードを表示すると以下の画面が表示されますので、携帯でQRコードを読み取ってアプリをダウンロードします。

手順2−4 アプリからログイン

アプリをダウンロードするとログインが求められますので、初期で設定したアドレスとパスワードを入力します。

パスワードが合っていれば「OPEN」を押して登録情報を入力していきます。

手順2−5 基本情報の入力

次は基本情報の入力です。必要な入力事項8つ…

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 国籍
  5. 職業
  6. 移住国
  7. 住所
  8. 金融取引情報

順に正しく入力しましょう。

正しく情報を入力しよう

氏名や住所はもちろんのこと、取引の経歴が少なかったり金融資産を少なく申告すると信用が落ちる恐れがあります。それで審査不合格という事例も聞いたことがありますので正しく入力するようにしましょう

それでは順に情報を入力していきます。

入力が済めば「確認して次へ」を入力します。

すると、本人確認情報の提出が求められるので「提出」を押します。

これでStep2は完了です。次に写真撮影に移ります。スムーズにいけば5分程度で完了しますよ。

手順3:本人確認

手順3−1 書類の準備

ついに最後の工程になります。まずは下記の本人確認が取れる書類を準備します

手順3−2 書類の選択

僕の場合は「運転免許書」で登録しました。

あとは注意事項を確認して次へ進みます。

手順3−3 写真撮影

次に撮影の仕方が順にでるのでそれに従って撮影します。暗かったり、光が入りすぎていると認識されなかったりと何度もやり直しを指示されます。

また、最終申請後に見えづらい写真があると申請が通らない場合もあるので必ず納得の行く写真が取れるまではやり直してください。

どんな写真じゃないといけないのか

基本情報で入れた住所と乖離が無いことが大前提で、自分が審査する人の気持ちで自分の写真を判定してください。申請で落とされる事を考えると初めにしっかりと資料を提出することの方がよっぽどいいですよ。

写真を撮影完了すれば、すべての工程が完了です。

タック
タック

お疲れさまでした!あとは申請後の合否を待つだけです。

早い方だと翌日には結果がメールで届くので取引スタートできますよ。

②メタマスク(ウォレット)の作り方

次に仮想通貨やNFTに必要な財布であるウォレットを作成していきます。

ウォレットで一番有名なのがMetaMask(メタマスク)と呼ばれるものです。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)は暗号資産やNFTを保管したり、送金・送付するために活用するお財布です。イーサリアム(ETH)上のNFTを購入する場合には必ず必要となってきますので、まだの方はまず作成しましょう。

ここでは有名なMetaMask(メタマスク)の作成方法を解説します。

「MetaMask」とWebページで検索すると下記のような画面が出てきます。

この画面の「ダウンロード」をクリックします。

Google Chromに追加

Googleの提供するChromを使用→「Chromに追加」をクリックします。

拡張機能を追加

「拡張機能を追加」にクリックします。

MetaMaskに接続

メタマスクに接続するとこのようなキツネが出てきます。ここで「開始」をクリックします。

規約の確認

MetaMaskの規約を読んで「同意する」にクリックし次に進みましょう。

セットアップ

新しくウォレットを作るので「さあセットアップしましょう」をクリックします。

パスワードの入力

メタマスクと接続する際に必要となってくるパスワードです。8桁以上の英数字を入れて「作成」をクリックします。

シークレットリカバリーフレーズ

シークレットリカバリーフレーズについて短い動画を視聴します。

その後シークレットフレーズである「秘密の言葉を表示する」をクリック

このフレーズは全ての権限が与えられるフレーズとなっています。もしコレを誰かに盗まれてしまうと復元されて全ての資産を抜き取られるリスクがあります。

画面警告にもありますが、絶対に誰にも教えず、大事に保管してください

このフレーズは次のステップで使用しますので紙か自分のパスワード保管場所に書き込みましょう。

スクリーンショットで保存しない事!

シークレットフレーズがあると誰でもウォレットの復元ができてしまします。パソコンがハッキング被害にあった時に盗まれてしまう事があるので、なるべく紙などのオフラインで管理できるようにしてください。

シークレットバックアップフーズの確認

先程表示された12のフレーズを順に入れていきます。


順番を間違うと認証されませんのでよく確認してください。

何度も大事なので書きますが、下記のシークレットフレーズは誰にも見せないでください。

設定完了

ここで下記の画面がでたら完了です。

MetaMask画面

MetaMask(メタマスク)にログインすると以下の画面が表示されます。

まだ何も通貨やNFTが入っていないので次はメタマスクにNFTを購入するための通貨(イーサリアム)の入金方法に付いて紹介ていきます。

③Coincheck(コインチェック)仮想通貨を購入しメタマスクへ送金

コインチェック

次にNFTを購入する際の通貨であるイーサリアム(ETH)を購入します。

通貨を購入するには必ず仮想通貨(暗号資産)取引所を経由する必要がりますので解説します。

暗号資産口座(コインチェック)へ日本円を入金する!

暗号資産を購入するための日本円を入金します

コインチェック(Coincheck)にログインしてから右上のマークをタップします。

すると「日本円の入金」という項目がありますのでそれをタップ。

次に振込方法が表示されます。

自分が振り込みやすいものを選んでください。僕は銀行振込にしました。

暗号資産(仮想通貨)ETHイーサリアム購入の方法

暗号資産(仮想通貨)の購入方法を紹介します。

ETH(イーサリアム)購入を例に紹介しますね。

まずはホーム画面の右上のマークをタップしてください。

「販売所(購入)」の項目があるのでそれをタップします。

ずら〜っと色々な種類の通貨が表示されます。ここから購入したい通貨をタップ。今回はETH(イーサリアム)を購入します。

金額を入力します。今回は「1ETH」と入力、日本円で約26万円となります。

よければ購入するをタップしてます。

ETHイーサリアムをMetaMask(財布)へ送金する

次にMetaMask(メタマスク)へ購入した通貨(ETH)を送付します。

それでは暗号資産の送付をしていきます。

右上のマークをタップします。

コインチェック(Coincheck)から資金を送金する場合は必ず2段階認証が必要になります。アプリをダウンロードし、表示される番号を入力すれば完了となります。

2段階認証が完了すれば暗号資産の送付が可能となります。

暗号資産の送金をタップします。

初期では送付先の登録をする必要がありますので「追加編集」をタップして情報を入力。

「新規追加」をタップ。

すると、項目が出ます。

  • 通貨
  • 宛先
  • アドレス
  • サービス名
  • 受取人種別
  • SMS認証用コード

アドレスは先程作ったメタマスク(MetaMask)にログインして下記の赤枠の番号をコピーします。

アドレスを間違って入力すると…

アドレスは送付先(MetaMask等のウォレット)アドレスになりますが、誤ったものを入力すると送付した暗号資産は失われます!なので必ず送付先アドレスをコピーしたものを貼り付けて間違いをしないようにしましょう。また、不安な場合はまず少額で送付するといったような対策も大切です。

それでは送り先の登録が完了すれば「暗号資産の送金」をしていきます。

まずは送りたい暗号資産をタップします。

続いて送り先(先程登録したもの)を選択し、他の情報を入力します。

情報入力に問題なければ次に進んで承認すれば完了です。

送り先のウォレット(財布)を見て、送金されていることを確認してください。反映までに時間がかかる場合があるのでしばらく待ちましょう。

これで送金は完了です。次は実際にNFTの購入をしていきましょう。

Coincheck登録はコチラ

④NFTの購入方法を解説

NFTを購入するにはNFTマーケットプレイスで購入します。

今回は、

NFTマーケットプレイスの中で世界最大級のOpenSea(オープンシー)

で購入していきます。

  • 世界最大のNFTマーケットプレイス
  • 世界の人が参加しているので取引量が多い
  • アートや音楽といったジャンルが豊富

まずOpenSea(オープンシー)でNFTを購入するには先程作ったメタマスク(ウォレット)と連携する必要があります。

OpenSeaとウォレットの連携方法

手順は以下の通りです。【とても簡単】

  1. OpenSeaにメタマスクを連携
  2. プロフィールを登録

OpenSeaにメタマスクを連携

OpenSea(オープンシー)のサイトにアクセスします。

詐欺サイトに注意

Google検索をした際に【スポンサー・広告】と左に書かれている場合がありますが、Googleにお金を支払うことで一定期間上位されるサイトになっていて詐欺サイトの場合があります。必ず信用できるサイトもしくは下記のリンクからアクセスするようにして下さい。

英語表記OpenSea
(オープンシー)
https://opensea.io
日本語表記OpenSea
(オープンシー)
https://opensea.io/ja

それでは連携していきますね。

OpenSea(オープンシー)の画面右上のウォレット接続をクリック

MetaMask(メタマスク)を選択します。

パスワードが求められるので先程作ったメタマスクの8桁以上のパスワードを入力します。

OpenSea(オープンシー)のホーム画面に戻ってくるので次は赤枠部分のアイコンをクリックして「設定」をクリックします。

すると署名の画面が出てくるのでこちらに「署名」をクリックします。

プロフィールの詳細が表示されますが、最低限の【ユーザー名・メールアドレス】を入れるだけでひとまずOKです。

メールアドレスを設定すると、自身のアドレスにメールが送られてくるので「承認」すると設定完了です。

これでようやくNFTの購入が可能になります。

NFT購入(通常購入)の方法

OpenSea(オープンシー)のホーム画面から自分の好きなプロジェクト名を検索します。

偽物のNFTに注意

検索画面から出てくるNFTも本物に似せかけた物が多く存在しているので注意が必要です。対策としては発行枚数やそのNFTを発行しているアカウントの確認をする。又はプロジェクトの主催者が告知しているページ等の信頼できるところからアクセスするのが一般的に安全です。

それでは実際に購入方法を解説します。

購入方法は大きく分けて3種類

  • 通常購入(表示されている価格で購入)
  • オファーで購入(自分の購入したいNFTを保有者と交渉して購入)
  • オークションで購入(時間が設定されていてその時間に一番多く払う人が購入)

今回は「通常購入(表示価格)」で購入していきます。

まずは欲しいコレクションを検索します。【PhantomsCrypto PASS

「BUYnow」(今すぐ買う)というマークをクリックします。

【署名】が求められますのでこちらをクリックします。

すると最後にガス代(手数料)と商品の価格が表示されて「承認」をクリックすると購入完了です。

よくある質問【作品の確認方法】

OpenSea(オープンシー)で購入したNFTはOpenSea にログインしていると自分の保有しているNFTが確認できます。※よくある質問としてメタマスク単体で開いたときには設定しないとNFTは表示されません。メタマスク単体で開いた時には入ってないように見えますが、OpenSeaではNFTが確認できるのでこれで問題ないですよ。

URIBO(うりぼー)購入時のチェックポイント

URIB(うりぼー)を購入する際の3つのチェックポイントを解説します。

詐欺に注意してNFTを守る(公式のHPを利用)

NFTで失敗しないためには詐欺から身を守ることが最大重要事項です。

暗号資産やNFTの界隈ではハッキングや詐欺の被害が多く存在しています。

下記の記事でNFTの守り方を詳しく解説しています。

まずはスタートの購入するサイトをよく確認して下さい。詐欺サイトも多く存在しているため、ウォレットを接続する際は必ず公式ホームページから入るようにしましょう。

ハードウォレット(Ledger Nano X)を準備する

ハードウェアウォレットが必要な理由としては、

ホットウォレット(メタマスク)だけではオンラインの攻撃を受けやすい為、安全とはいい切れないからです。

そこでオフラインで管理できるハードウォレット(Ledger Nano X)はセキュリティ面いえば安全な資産の保管場所となります。

価格は1万円程度から2万円程度しますが、大事なNFTを守るためには安い買い物だと思います。僕もNFTを触ると同時に購入しましたが安全にNFTを守れていますし、最前線で活動しているNFT界隈の方もおすすめしているLedger Nanoがおすすめです。


秘密鍵(シードフレーズ)を誰にも教えない

暗号資産やNFTを保管するウォレットの12単語からなる秘密鍵は何があっても教えてはいけません。

この秘密鍵は新たにウォレットを作成するときにも使えるパスワードのようなもので、一度秘密鍵が流出してしまうと誰でも簡単に復元できてしまうのでそのウォレットは実質使えなくなります。

秘密鍵(シードフレーズ)はパソコン内で保管せずに紙などに書き写して管理するようにしてください。

URIBO(ウリボー)のよくある質問

URIBOに関する質問を紹介します。

プレセール価格とは何ですか?

プレセール価格とは作品が発行される時の価格のことをいいます。

多くのNFTプロジェクトはAL(アローリスト)という物をNFT販売前に参加者に渡し優先的に購入できるようにしています。

プレセールを逃すと二次流通での購入のみ可能でOpen Seaで売られている価格で購入することになります。

URIBO(うりぼー)の保有特典はありますか?

現在確定している特典というはありません。

店舗での割引やグッズ販売時の割引などされているNFTプロジェクトもあるのでYoutuberならではの特典には期待できます。

NFTプロジェクトの中の多くはNFT自体が会員権というものもあるので、持っているだけで他のプロジェクトのNFT購入権となるかもしれませんね。

最新情報はどこで入手したらいですか?

最新情報は常に公式ディスコードで発信されています。

他には公式HPやTwitterなどでも同じように情報を発信しています。

Discord(ディスコード)
ディスコードとは

アメリカで作られたチャットサービス。Twitter・InstagramといったSNSの一つです。基本的にNFTの活動はDiscord(ディスコード)内で行われています。今後爆発的に利用者が増えると言われているSNSです。

マジでヤバイ!NFTでよくある失敗事例

NFTの買い方で失敗事例と解決策について解説します。

高値掴みで大損するケース

NFTは価格の変動が大きく、時には数十倍や数百倍と値上がりも期待できる反面、その逆もあり得るのです…

高値掴みで大損するケース

  • 二次流通で多くの人が盛り上がっているから購入する
  • 有名の人だからといってなんとなく購入する
  • 値段が高いからといって価値があると思い込み購入する

多くの人が盛り上がっているタイミングは逆に心配して購入するようにしてください。すでに保有者が価格上昇のために盛り上がっているケースが多いからです。

そうならないためには、しっかりしたコミュニティが形成されているNFTプロジェクトのプレセール(初回購入)がリスクが少ないと言えるでしょう。

含み益が利益だと思い込んで暴落

NFTは価格変動が大きいと説明しましたが、保有するNFTの価格が上昇していると「もっと上昇するんじゃないか?」と思ってしまいます。

ところが相場が一転して暴落してしまうと、売るタイミングを逃してしまう人が多くいてこれまでの含み益は一瞬のうちに消え去ります。

そうならないためには自分のルールを決めて「いくらまで上がったる売るのか」「いくら下がったら売るのか」こうしたルールを決めて置くことは重要と言えます。投資の世界では絶対はありませんが、自分のルールに絶対を決めることはとても重要となってきます。

知らない人からのDMでうまい話に乗ってしまい詐欺に合う

「あなたのNFTを〇〇で売って下さい」というようなメールはNFTを触っているとよくあります。

こうした話にのって詐欺サイトに勧誘された後に、ウォレット接続の際に相手の要求に承認してしまいすべての暗号資産やNFTを盗まれてしまったという事例は今まで何度も見てきました。

こうならないためにも自分自身の防御力を日々高めておく必要があります。知らない人、知っている人でもうまい話には基本的に乗らない姿勢でNFTを触るようにして下さい。

記事のまとめ URIBO(うりぼー)の将来性

URIBO NFT(うりぼー)は登録者数260万人のYoutuber 「おるたなChannelのないとーさん」が手がけるNFTプロジェクト

URIBO NFTはジェネラティブNFTで10000枚限定で販売されるNFTとなっています。【初回販売は7110枚】

NFTは徐々に認知が広がっている中で、URIBO NFT(うりぼー)は愛猫の「うりぼー」がモチーフとなっている可愛いイラストのNFTとなっています。

発行NFTURIBO(うりぼー)
価格0.005ETH(プレセール)
販売個数10000枚限定
URIBOTwitter公式HP
Youtuberないとー Twitter公式Twitter
Open Sea公式NFT販売所

2023年8月5日販売でプレセール価格は0.005ETHと格安での販売となります。

Youtube でも仰っていましたが、長く続くプロジェクトというのを目指しています。

ないとーさんはYoutubeを10年以上続けられているからこそ長く続ける大切さを知っている方です。だからこそこのURIBO NFT(うりぼー)は長く多くの方が楽しめるNFTプロジェクトとなっていくでしょう。

まず URIBO NFTを購入するにはETH(イーサリアム)が必要なので、審査も早くて無料で登録できるコインチェックでETH(イーサリアム)を準備しましょう。

コインチェック

Coincheck登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA