NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

『 質問力 』NFTやプログラミングを学ぶ際に使っている質問方法とは?【テンプレ有り】

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

本日も見ていただきありがとうございます。

NFTを楽しむ傍らでWeb制作の勉強をしている「タック」です。

「NFT」にしても「Web制作」にしても難しい単語が多く並んでいるため、一人で解決できない事が出てきます。

そんな時に、

難しい事がいっぱい…どう質問すればいいいんだろう?

コミュニケーションを取るのが苦手で質問しにくいな…

そんな方でも取り入れやすい「質問前の確認事項」や「質問テンプレート」も用意しているので是非参考にしてください。

タック
タック

僕もWeb制作初心者で勉強中ですが「質問力」はすごく大切だと知って実践しています

質問力を上げることで、

  • 周りからも信頼され、一目置かれる存在になる
  • わからない事がスムーズに解決できるようになる
  • 転職活動や仕事を自分で取ってくる時に有利

質問力が上がることで、相手の事を考えて質問できるようにになり自然とコミュニケーション能力も高くなります。

質問力が低いとこんなデメリットも

  • 作業効率が低下する
  • ミスが発生する
  • コミュニケーションがうまくいかない
  • スキルアップが遅れる
  • キャリアアップが難しくなる

質問力が低いだけでこういった事に陥りますので最低限心るべき事もこの記事でお伝えします。

質問力は、エンジニアにとって非常に重要なスキルです。質問力があれば、自分の分からないことを人に聞き、解決策を見つけることができます。

また、質問力はコミュニケーション能力の向上にもつながります。質問力が高いエンジニアは、周囲の人と円滑にコミュニケーションを取り、チームで仕事を進めることができます。

参考資料

本記事は「デイトラ」というWeb制作コースを受講し、それをもとに私自身のアウトプットとして作成しています。

良い質問とはいったいどういったことの事を表すのでしょうか?質問する前に確認すべき項目は沢山挙げる事ができますが、「何をもって良い質問」かどうかがわからないというケースがあります。

ここで「良い質問の定義」を一言で言うと

低コストで最高の答えを引き出す質問

回答してくれる人の負担にかからない(低コスト)で自分が求めている回答を得られる(最高の答え)が最高の質問だと言えます。

タック
タック

相手のことを考えながら自分の答えを聞き出せるように考えて質問しないといけないんだね

質問力を上げるためのポイントは?

質問力を高めるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 質問する前に、自分の理解を深める。
  • 質問は具体的に。
  • 質問に対して、相手の回答をよく聞く
  • 質問は敬意を持って。

質問力を高めることで、エンジニアとしての成長が加速します。質問を恐れず、積極的に質問することで、より良いエンジニアを目指しましょう。

質問力を上げるメリットとは

エンジニアの質問力を高めるメリットは、以下の通りです。

  • 作業効率が向上する
  • ミスが発生するリスクが低下する
  • コミュニケーション能力が向上する
  • 成長が加速する
  • 信頼関係が構築される

質問力は、エンジニアにとって非常に重要なスキルです。質問力があれば、自分の分からないことを人に聞き、素早く解決策を見つけることができます。

エンジニアの質問力を高めるためには、上記のような方法を試してみてください。質問力を高めれば、エンジニアとして成長し、より良い仕事ができるようになりますよ。

初心者が身につけたい「質問力UP」テンプレート

具体的な質問例をいくつか挙げると、

  • このコードの意味は何ですか?
  • この問題を解決するにはどうすればよいですか?
  • この技術はどのように機能しますか?

ただ、このような事を聞きたい時にどのように質問すればいいのか迷いますよね?

そういった方に向けて【良い質問・悪い質問】について紹介します。テンプレートも用意しているので実際にそれを使って質問をしていくようにしましょう。

相手が困る悪い質問例(コスパの悪い質問)

コスパの悪い質問

〇〇について問題が起きました。どのように解決すればよいでしょうか?色々な事を試しましたがわかりません。

このような質問は回答者が一番困るコスパの悪い質問です。

何度もこのような質問を繰り返していると自分の成長を止めるどころかチームでしている場合は嫌がられます。

相手が答えやすい質問例(コスパの良い質問)

コスパの良い質問

〇〇の所にエラー出ているので原因が知りたいです。

〇〇の所にエラーがでています(スクリーンショット)

関連するコードはこれです。(関連するソースコードの貼り付け)

質問するまでに〇〇と〇〇を試しましたが直りませんでした。

〇〇が原因だと思っているのですが、ご存知であれば教えていただくことは可能でしょうか?

悪い例と良い例を紹介しましたが違いがわかったと思います。

質問は簡潔に伝えるようにするのが基本です。質問内容が長すぎると、相手の理解が難しくなります。

また、質問に必要な情報をすべて伝えることも重要です。質問内容を理解するために必要な情報を伝えることで、相手の回答がより的確になるでしょう。

良い質問をするためのテンプレート(コスパの良い質問)

⬇デイトラの質問テンプレート例

  1. 聞きたい事を一行まとめ
  2. 起きている問題(起きている現状の詳細/エラーコード/スクリーンショット)
  3. ソースコード(関連するソースコード/全ソースコード)
  4. 問題解決するために試したこと(コードもあれば追記)
  5. 問題について自分なりに考えたこと(デバック結果/検索結果/自分なりの原因予感)

僕はこれからWeb制作を学んでいくことになりますが、上記の質問テンプレートを使用して質問していく予定です。

理由は、自分で考えたテンプレートを使用するよりもこうしたプログラムを実際にやって実績のある先輩たちのノウハウが詰まったテンプレートを使用するほうがコスパがいいと思っているからです。

質問テンプレートを使用することで、より良い質問をすることができます。より良い質問をすることで、より良い回答を得ることができます。より良い回答を得ることで、より良い解決策を見つけることができます。

記事まとめ(質問力を効率的に磨くには)

質問力を上げるためには「質問をしていくしかない」と思っています。

まずは下記のテンプレートを使用。

  1. 聞きたい事を一行まとめ
  2. 起きている問題(起きている現状の詳細/エラーコード/スクリーンショット)
  3. ソースコード(関連するソースコード/全ソースコード)
  4. 問題解決するために試したこと(コードもあれば追記)
  5. 問題について自分なりに考えたこと(デバック結果/検索結果/自分なりの原因予感)

やってはいけないことは、

調べもせずに、エラーがでてわからないから聞いてみよう…

これだといつまで立っても問題解決をすることができません。

こらから自分で活動していく上では、

  • 質問する前に、自分の理解を深める。
  • 質問は具体的に。
  • 質問に対して、相手の回答をよく聞く

これらを体得して一人前になっていくのだろうと思っています。

このように質問力を上げることで、

  • 周りからも信頼され、一目置かれる存在になる
  • わからない事がスムーズに解決できるようになる
  • 転職活動や仕事を自分で取ってくる時に有利

となってきて自分の人生の質もきっと上げてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA