NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

【西野亮廣監修NFT】Poubelle(プべル)9種類ゴミNFTの特徴を解説

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

西野亮廣さん【製作総指揮・原作・脚本】の手掛ける映画「えんとつ町のプペル」の世界観から生まれたゴミNFTの『Poubelle(プベル)』の紹介をします。

タック
タック

『Pubell(プベル) NFT)』について詳しく知りたい!

こんな悩みに答えます。

NFTとは

NFTはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略称であり、デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、これまではコピーして無数に複製ができたデジタルデータを1つだけに特定し、移転・売買できるようにしたものです。美術品などと同様に新たな資産として注目されています。

最初に「Poubelle(ブベル)』の特徴を説明すると、

  • Poubelle(ブペル)はキンコン西野さん監修のゴミモンスターのNFT
  • イラスト・デザイン担当は「かんかんさん」
  • 2023年5月時点で55点出品し1作品約3.5ETH【85万円】で取引されている
  • OpenSeaで購入ができる

西野亮廣(Akihiro Nishino)

西野亮廣さんはお笑い芸人、絵本作家、『えんとつ町プペル』の製作総指揮・原作・脚本と数々手掛け名だたる賞を総なめしている一言で言うとすごい人です。

日本最大級のオンラインサロンを運営し毎日2000文字〜3000文字の投稿をしています。現在進行形で仕掛けていることの共有、業務連絡、こんな事するとダメだよと言うことなんかも包み隠さず教えてくれています。

さらに、この記事で紹介する『Poubelle NFT 』を発行している日本最大級のDAO(ダオ)コミュニティの立ち上げもされていて、暗号資産やNFT初心者に優しいコミュニティを作られています。

ディスコード(Discord)と呼ばれるチャットのSNSを使って活動しています。

そんな西野亮廣さん監修のNFTと言う事で「Poubelle NFT(プベル)」は注目を浴びました。日本国内でNFTをしている人で知らない人はいないんではないでしょうか。

まず、Poubelle(プベル)NFTを販売した理念をお伝えすると、

NFTにふれる人口を増やしたい!

さらにNFTは投機としてではなく、ブロックチェーンという技術を使って「もっと優しい世界を作りたい」という想いがあります。

自己紹介【この記事の信頼性】

本題に行く前に自己紹介です。

  • 西野亮廣オンラインサロンに2年以上加入
  • 「CHIMNEY TOWN Poubelle NFT No13」保有
  • 日本一DAOプロジェクト【NinjaDAO】発のCNPオーナー
  • HEXA(ヘキサ)日本最大級のNFTマーケットプレイスのアンバサダー

2022年1月にNFTの世界観に魅了され参入。実際にコレクターとして上記を含め数々のNFT作品を購入してきました。

項目詳細
TwitterページNFTアカウント
InstagramページNFTアカウント
主な活動場所HEXA(ヘキサ)

また、『CHIMNEY TOWN DAO』チムニータウンダオの入会方法も解説したりNFTについて主にブログ活動しています。

編集者オススメ取り扱い通貨数おすすめ度公式サイトURL
23種類 Coincheck
30種類 bitbank
21種類 【GMOコイン】
20種類 SBI VCトレード
コレクションCHIMNEY TOWN Poubelle(プベル)
監修西野亮廣(キンコン西野)
イラストかんかん
Opemsea(オープンシー)公式購入ページ(OpenSea)
発売開始日2022/8/29
販売価格0.01ETH〜(オークション形式)

CHIMNEY TOWN Poubelle(チムニータウン ブべル)とは、NFTの勉強会「DAOって何?」をキッカケに発足されたCHIMNEY TOWN DAO(チムニータウンダオ)から生まれたNFTとなっています。

OpenSea(NFT販売所)で約2000円からスタートでオークション形式で販売されましたが100万円以上で取引された作品もあるくらい人気の作品となりました。

Poubelle NFT(プベルNFT)

Pubelleはプペルではなく「プベル」と読みます。この意味はフランス語で『ゴミ箱』という意味があり、町に落ちていそうなゴミをNFTにしたら面白いんじゃないかなとい事で販売されました。

「CHIMNEY TOWN Poubelle」チムニータウン プベル【全9種類】

Poubelle(プベル)の種類を紹介します。

KAN(カン)【空き缶】

GABRIEL(ガブリエル)【かじられリンゴ】

PACCULINO(パッコリーノ)【スニーカー】

HEKONDOLE(ヘコンドル)【ヤカン】

OTETESKI(オテテスキー)【手袋】

WATAFKIN(ワタフキン)【座布団】

KEROPPA(ケロッパ)【鍋】

GAMACHO(ガマチョ)【がま口の財布】

KEZURICCH(ケズリッチ)【鉛筆削り】

Poubelle(プベル)はこれまで9種類55作品が出されています。当初は365枚発行して「それ以上出さない」と言われていましたが、現在は55/365個を発行されていてそこからは販売していない状態です。

もしかしたらNFT人口が増えたタイミングで段階的に販売していくかもしれません。

Poubelle NFTの現在の価格

販売価格は0.01ETHと現在価格では2500円からのオークション形式で開催されました。

平均約3.5ETH(約87万)で取引!55作品ありますが、現在はたった1名が6.25ETH(約156万)で販売しています。

これを見るとだれも売りたい人がいないという状態なのがわかると思います

NFTという技術を使った西野さんが初期に出したNFTとなっているので、価値自体も今後値崩れしないと思います。

タック
タック

今の価格で手が出せない人も多いのでそんな方は再販を期待!

365作品販売すると言っていたので今後再販に期待して、いつでもNFTが買える準備をしておきましょう!

Poubelle NFTの購入方法

購入するまでは以下の3STEP

  • 口座開設
  • MetaMask(メタマスク)へ入金
  • NFT購入(OpenSea)

初めての方はコインチェック(Coincheck)で口座開設をまずはしていきましょう。

口座開設からPoubell【プベル】NFT購入までの流れ

Baby panda
Baby panda

キンコン西野さんのYouTubeや書籍を見てNFTを始めた人はまずこちらの登録が必要になるよ

手順1 コインチェック(Coincheck)で口座開設

口座開設は以下で解説しています。

【参考までに…僕が過去に登録した際は1日で取引開始することができました】

手順2 暗号資産(イーサリアム)購入からメタマスク(財布)への送付

下記の記事では

  1. コインチェック(Coincheck)へ日本円入金
  2. 暗号資産(イーサリアム)購入
  3. MetaMask(財布)へ購入した暗号資産を送金

の順番で初心者が迷わずにNFT購入準備ができるように解説しています。

手順3 Poubelle NFT購入までの流れ

Baby panda
Baby panda

手順2まで完了すればOpenSea(オープンシー)で購入できるんだけどちょっと待って!

NFT購入する際は「CHIMNEY TOWN DAO」チムニータウンDAOのDiscord公式チャンネルから購入するのが一般的に安全と言われています。

理由は、Google検索で「OpenSea」と検索して出てくるサイトが詐欺サイトって事が過去にありました。

なので安全に購入するために下記の手順で「心臓NFT」又は「卵NFT」を獲得してチムニータウンDAO参加してから購入するようにしてください。

手順3-1 Poubelle NFT【プベル】購入サイトへアクセス

Discord(ディスコード)の「公式リンク」から3番の【CHIMNEY TOWN Poubelle】をクリックをします。

※公式リンク又は僕の紹介しているサイトは安全です。とは言え基本的には「公式サイトからアクセス」と言うのがNFT界隈では常識となっていますので今の段階から公式から入るようにしておきましょう。

手順3-2 Poubelle NFT【プベル】購入サイト(OpenSea画面)

OpenSea(オープンシー)の作品画面は上記の画像となっています。

公式サイトであることを確認できればメタマスク(ウォレット)と接続します。

偽サイトに注意

人気のコレクションは偽物も存在します。出来高やコレクション数を必ず確認するようにしてください。

次にNFTの購入へと移ります。下記の画像の通りカゴへ移して購入します。

承認画面に行くとガス代と言われる手数料と作品の価格が表示されますので、確認してよければ承認します。

タック
タック

ガス代(手数料)は時間帯によって大きく変わってきますので安いタイミングで購入してください。

NFTを買う上で知っておくべくハッキング被害の話

NFTはハッキング被害が多く、資産やNFTを盗まれたと言う方が多く存在しています。不安な方は下記の記事も参考にして自分の資産を守っていきましょう。

※上記の更に堅牢なセキュリティの方法も解説しています。

絶対にハッキング被害に合いたくない!

という方は是非みてください。

記事のまとめ(キングコング西野NFTのまとめ)

  • Poubelle(ブペル)はキンコン西野さん監修のゴミモンスターのNFT
  • イラスト・デザイン担当は「かんかんさん」(かんかんさん→Twitter
  • 2023年5月時点で55点出品し1作品約3.5ETH【85万円】で取引されている
  • OpenSeaで購入ができる

ゴミNFTコレクション「Poubelle(プベル)」は監修したキンコン西野さんの影響力はとても強く、今後もコミュニティが続く可能性があるため多くの方から認知されるNFTなってきます。

『CHIMNEY TOWN DAO』チムニータウンDAOに入りたい場合

コミュニティに入ってNFTの勉強をしてみたいという方は以下の「SHINZO(心臓)NFT」又は「TAMAGO(卵)NFT」のどちらか1つが必要です。

NFTのコミュニティに参加するメリット

  • NFTプロジェクトの最新情報が得られる
  • 同じ価値観の仲間に出会える
  • 初心者が困らない様に配慮されている
  • 問題が起きた時にすぐに相談ができる

NFTプロジェクトはまだまだ規模も小さく世に発信されている情報が少ないため、コミュニティに参加して直接(第一次情報)を得ることが一番正しい活動です。

その中でも今回紹介した「Poubelle(プベル)』を発行している『CHIMNEY TOWN DAO』はコミュニティ参加者が多いので特に初心者にはオススメです。

初心者で少し心配だから、コミュニティに入って学びたい

という方は、下記の記事で参加方法をわかりやすく書いていますので御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA