NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

【HEXA_NFT】コミュニティ機能!Scale-freeのメリット・デメリット

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

日本最大級のNFTマーケットHEXA(ヘキサ)の【Scale-free(NFT保有者限定のコミュニティ機能)】を使った運用の紹介と私のNFT保有者のメンバー紹介をします。「Scale-free運用なかなか上手くいかない」といった方の問題を解決したいと思います。

この記事を読んでわかること

・HEXA(ヘキサ)Scalle-freeの使い方

・どうしてScale-freeを使うのか

・Scale-freeを使うメリット・デメリット

・私のScale-freeのメンバー紹介

【Twitter・LINE・Instagram・Facebook…】これらのコミュニティツールがあるのに何故「Scale-free」を使うのか?メリット・デメリットの面から紹介します。

タック
タック

HEXAの新サービスScale-freeの紹介です。ブロックチェーンで繋がるコミュニティってどんな事ができるんだろ?

Scale-freeの解説

出典:HEXA_NFT

HEXAはNFTを使ったコミュニティサービス【Scale−Free】をリリースしました。これはWeb3.0の社会に先駆けて作られたサービスで、HEXAで発行したNFTが購入者される又は保有者と繋がる事ができるサービスです。ファンクラブの運営やオンラインサロン運営が手軽にできる事が大きなメリットです。

Scale-freeのコミュニティサービスを活用することによって、ホルダー同士の繋がりが持てる上にNFT発行者がホルダーさん限定でサービス・情報提供ができることになります。現在はHEXAのNFT限定ですが、他のプラットフォームでのNFTにも対応するとHEXA運営より発表されているので期待が持てるサービスです。

Scale-freeの詳しい解説はHEXAホームページで詳しく説明されいるので確認してください。こちらで解説してもいいですがWeb3.0 やNFTの情報は一次情報を確認することが大切になってきます。是非確認し運用を開始しましょう。

何故Scale−freeを使うのか?【メリット・デメリット】

Scale-freeを何故使うのか?メリットとデメリットも面から考えたいと思います。まずはデメリットの面からお話したいのです。

Scale-freeを使うデメリット
  1. コミュニティ運営が大変
  2. 作品を買ってもらう事が目的でコミュニティを持ちたくない
  3. コミュニケーションを取るのが苦手な方には向かない
  4. Twitterで問題ない

コミュニティ運営が大変

コミュニティを作ってしまうと継続的に発信する必要があります。発信内容を考えたり、コメントが来たものに返信しないといけなくなります。作品をつくることにも時間がかかる上にコミュニティに時間がとられるのなら疲れてしまうだけです。そもそも何が目的でNFTを販売しているのかを考える必要がありそうです。新しい機能だからと言って始めてしまうと大きな損失があるのかもしれません。

作品を買ってもらう事が目的でコミュニティを持ちたくない

目的が作品を買ってもらうことだという人には最低限のTwitterのみやり取りそれ以上は増やしたくないと思います。先程のコミュニティ運営の大変さは計り知れないのでわざわざScale-freeを使う必要が無いと考える人もいるでしょう。

コミュニケーションを取るのが苦手な方には向かない

コミュニケーションを取ることが苦手な人は向かないかもしれません。ただ、ブロックチェーンに名前やアカウントが紐付けされている以上は、保有者は販売者さんの動向がきになります。scale-freeを使わないにしても何かしらの活動している姿は見せていく必要があります。これができない人はそもそもNFTの販売には向いていないのかもしれません。

Twitterで問題ない

HEXAのサービス利用者は主にTwitter上でやり取りしているのでそれで満足している人にとっては違うサービスを使うという面倒さや、そもそも相手が見ていないという事が大いにあります。Twitterしか開かない人にとっては抵抗があるのかもしれません。

Scale-freeを使うメリット
  1. コレクターさんとより深い関係を気づくことができる
  2. コレクションごとに発信できる内容を変えることができる
  3. 自分の作品を買ってくれたということで安心できる
  4. NFTが投票券ともなり疑似DAOの役目がある
  5. シークレットの場「特別感」を感じる

コレクターさんとより深い関係を気づくことができる

コレクターさんとだけやり取りができるということは販売者とコレクターさんの両者win-winの関係を気づくことができます。ファンクラブと同じようにコミュニティをしっかり持つことは継続的に支援者となってくれる可能性も高くなります。最近AIアートの出現で誰もが最高品質のクリエイターとなれる時代です。差別化するためにはコミュニティを活用するというのは大切になってくると思っています。

コレクションごとに発信できる内容を変えることができる

「購入者さん」と一纏めではなく、「〇〇の作品の購入者さん」という風に作品ごとにコミュニティを変えることができます。例えば「高価な作品は〇〇の情報」で「普通の作品は日常のつぶやき」とできます。コレクションの価値によって変更できる点は販売者さんの幅を広げることにもなるでしょう。

自分の作品を買ってくれたということで安心できる

SNSのフォロワーさんと違って「買ってくれた人」という一つ大きな安心感と信用が生まれます。わざわざお金を出して購入するという事は販売者さんの作品や活動に賛同していることの証明になります。販売者さんにとってはとても安心できる応援者となります。こういった安心できる方とのコミュニケーションはとても楽しいもです。

NFTが投票券ともなり疑似DAOの役目がある

Scale-freeの機能で投票券の役目となるものがあります。設定した特定のNFT保有者は質問に回答する権利を手にすることができることでプロジェクトの決定権を得ることができるようになります。保有枚数によって投票できる回数も変わり、より多く応援した人が強い決定権を持つことができます。

シークレットの場「特別感」を感じる

ブロックチェーンで繋がれているという特別な場所でのやり取りができるということは「特別感」があります。他のネットサービスでは感じる事ができない気持ちになるのではないかと思います。ブロックチェーンは変更ができない点お互いが大切にしたいという思いが強くなります。Scale-freeを使うことでそれが可能となります。

メリット・デメリットの解説をしましたが、これまでのSNSと違ってブロクチェーンで繋がっている人とのやり取りができる点が大きく違います。さらにHEXAが自動的に連携をしてくれるので私達が何か設定することもないのでとても簡単です。

他のSNSの使いやすさと比べるのではなく、書き換えの効かないブロックチェーンだからこその新しいコミュニティの形を是非一度実践してください。

次にコミュニティ運営をする際の考え方について解説していきます。コミュニティ運営をしたことない方は参考にしてみてください。

コミュニティ運営(相手の欲求を理解する)

もし今後Scale-freeを使ったコミュニティ運営をするのであればどういった運営を心がける必要があるのか、相手の欲求の面から考えてみたいと思います。そこで今回は簡単にマズローの5段階欲求について解説します。

一番下の生理的欲求は食べる事、寝る事、という人が一番当たり前に必要としている欲求で上に行くほど重要度が高くなってきます。下から順番に解説します。

生理的欲求

人が生きていく為の最低限の食事や睡眠、排泄などが満たさる必要がある欲求です。日本に住んでいるほとんどの人がこれをクリアしています。

安全欲求

経済的など生活を脅かされない生活を送るための欲求です。環境もその一つで恐怖を感じない程度の生活費や環境を求めた欲求になります。

社会欲求

何か集団行動、団体に属しその中で認められたいと思う欲求です。自分がどの団体で生きていくと満足できるのかを知る必要がります。

承認欲求

会社などで評価されたり、新しいチャレンジをさせてもらった時に満たされる欲求です。これがあることでモチベーションアップに繋がります。

自己実現欲求

「知りたい」「勉強したい」「達成したい」などの欲求でもありますが、自分の価値観が認められた時に満たされる欲求です。これは自分の価値観がどこにあるのか?自分と向き合って自分を知ることがまずは大切になってきます。

自己超越

これは画像にはありませんが、自己実現の先にある欲求です。よくお金持ちが寄付したりするのがこのレベルにいる人達なのです。自分よりも他者の幸せを願う事をいいます。

コミュニティ運用で大切なこと

「相手が何を求めているのか?」というのは作品を作る人や情報発信者にとって理解しておかないといけない部分です。私はブログを運営していますが、読者は何を求めているのか?という点を考えてから記事を作っていますし、とても大切な事です。

私達日本人は「生存欲求」や「社会欲求」はほぼ満たされています。生きる最低限の食事や安定した職場を手にしていると思います。あとは残りの欲求【社会欲求・承認欲求・自己欲求】を埋める運営がいいのでは無いかと思います。例えば「承認欲求」の面で言えば「〇〇さんのおかげで作品作りに集中できます」といった言葉を投げかけたり、新作はこんな感じでいきたいと思いますがどうでしょう?とかそこで意思決定をしてもらいことでそのコミュニティで役に立っていると思ってもらえて今後の応援に繋がります。

コミュニティ運営には正解もありませんが何を軸にして運営していくのか一度考えてみましょう

Scale-freeを使って今後したいこと

上記の写真が私の作っている【scale-free】を使ったコミュニティの場所です。これは私の発行したNFT保有者さんなら誰でも見ることができます。子供の教育やブログ活動をしているのでその情報を少し早い段階でお知らせしています。ただ、これは試作用に作っているの今後は保有するNFTの種類によって特典を変更しようと考えています。

今考えているのはマズローの5つの欲求からみたら「社会欲求」をフォローできるように私はまず力をいれたいなって思っています。理由は自分も含めNFT保有者さん同士が認め合って上の段階へステップアップしたいからです。

最終的には「自己超越」というみんながそれぞれ他者にGIVEできる存在になることが理想ですが、そこに行くためには価値観の共有や余裕が必要です。まずはコミュニティ内で実現できたらいいなと思って頑張りたいと思います。

もし私のNFTを保有してみたいと思ってくださればコチラのページを覗いてみてください。【Baby-panda】というシリーズを発行しています。

さいごに

HEXAはNFTの販売だけでなく、今後メタバース社会へ向けた活動をしています。そのためにも今回紹介したコミュニティのサービス【Scale-free】はとても将来性のあるサービスだと思っています。今後HEXAだけでなく他の通貨で購入したNFTにも対応するという事で日本に留まらず世界中の方がサービスを利用するかもしれません。

コミュニティ運用は大変ですが、Web3.0、ブロックチェーンが使われるこれからの時代は大切になってくるんじゃないのかなって私は考えているのでこういったサービスを積極的に活用していきたいと思います。

最後になりましたが、私のNFTを保有してくださっているホルダーさんの紹介です。私の子供の作品を購入してくださった【こはくの天使さん】、私のBaby-pandaの最初のホルダーさん【タヌキさん】そして、私の息子と同じ歳の子供を持つ【Samuraidogさん】本当に感謝しています。また他の方は私のイベントに参加してくれるとても優秀なクリエイターさんです。この場を借りてお礼申し上げます。そしてこれからもよろしくお願いします。

ブロックチェーンはこのように人と人との繋がりが強くなるものだと私は思っています。もちろんずっと同じ熱量でサポートすることは難しいですが、これからも個々が頑張ってHEXAを盛り上げていけたらいいなと思っています。

HEXAに関する詳細や登録方法は下記の記事でも書いていますので、この記事を読んでHEXAを始めてみたいなと思った方は是非読んで見てください。コミュニティ運営は大変ですがこれからも一緒に頑張っていきましょう。

HEXA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA