NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

【ヘキサランド】HEXA LANDとは?HEXA_NFT 徹底解説!

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

タック
タック

HEXA(ヘキサ)では自分のメタバース空間を持つことができるんだって

Baby panda
Baby panda

自分のメタバース空間ってすごくない??

タック
タック

そうなんだ!今回メタバース空間を動画でも一つ紹介するね

この記事を読んでわかること

・HEXA LAND【ヘキサランド】とは

・HEXA LANDを買うべき?買わないべき?

・広告枠の画像作り方と設置方法

HEXA_LAND(ヘキサランド)とは

HEXA LANDとは広告枠NFTでありメタバース空間を所有できるものです。
「広告枠NFT」「メタバース空間」この2つの聞き慣れない言葉が出てきていますのでまず解説します。

その前にHEXAが初めてという方は「HEXA(ヘキサ)NFTとは?初心者向けに解説」という記事で解説していますのでそちらを先にご覧ください。

HEXA

広告枠NFTとは

HEXA LANDを所有するとHEXAのWebページに自分の指定するWebページの掲載権利を得ることができます。HEXAのホームページは(2022.6月時点)月に300万PVのサイトですので1%保有するだけで3万回記事を見てもらう事ができます。※全てのページに掲載というわけでは無いので表示回数で言えばもう少し少ないと見てもいいでしょう。

メタバース空間とは

メタ(超)とユニバース(宇宙)を組み合わせた造語で明確な言葉は無いですが仮想空間の事をいいます。ゲームの世界を想像してもらえるといいと思いますがインターネット上でアバターなどを使って生活、コミュニケーションがとれる自由な空間です。メタバースには色々な条件がありますが詳しくは記事の後半でお伝えします。

まずはHEXAメタバースとはどういった空間なのか知ってもらいたいので動画をご覧ください。
動画は学生が実際にNFTを販売し購入されたものだけが展示されています。総勢50名以上の子供達がHEXAでは活動をしていますのでそういった視点でも楽しんでいただけたらなと思います。
HEXAメタバース
Baby panda
Baby panda

可愛い作品がいっぱいだね

そもそもNFTとは(HEXAホームページ引用)

NFTはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略称であり、デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、これまではコピーして無数に複製ができたデジタルデータを1つだけに特定し、移転・売買できるようにしたものです。美術品などと同様に新たな資産として注目されています。

HEXA_LAND(ヘキサランド)の特典

  1. 広告報酬をもらうことができる
  2. メタバース空間を自由に設計できる
  3. 展示会に自分の作品を展示できる(期間限定特典)
  4. いつでも(ヘキサランド)HEXA LAND NFTを売買できる

広告報酬を貰うことができる

HEXA LANDを持つことで月間300万PV(2022年6月時点)のサイトの主要な部分に自分の掲載したいWebページを掲載できます。さらに今後はAdsense・アフィリエイト、純広告機能も追加される予定で保有するだけで報酬をもらうことが可能となります。※現段階での予定ですので確実なものではありませんのでご理解ください。

サービスを使うユーザーが増えれば増えるほど保有者は恩恵が受けられる仕組みです。やはり初期から応援している方が大きな恩恵を受けることになります。

では、広告と言ってもどのくらいの頻度で自分の指定したものが表示されるのかを見ていきましょう。まず下の図、左が全体図となります。この枠を100%とした時の割合が図の左「詳細」になります。

HEXA LAND

では続いて実際に保有したらどれくらいの恩恵があるのかを確認していきます。

【1%のLANDを保有した場合の例】月間PVが300万回だったら月間3万PVです。
【0.01%のLANDを保有した場合の例】月間PVが300万だったら300PVです。

※これはHEXAホームページのPV数であって自分の広告がクリックされる回数ではないという事は十分理解しておいてください。

参考にGoogleでどのくらいのPV数でいくら稼げるのかを調べましたので確認してください。
※あくまで目安です

1PV 単価0.4円の場合

現在のHEXA_LANDの価格

比率が大きい順に【GOD、Genesis、Metropolis、Town、Sand】のLAND NFTに分割されていて、今までに販売された最大金額でGenesisが600万円(全体の1.44%)、【2022年10月現在】販売最安値のsandが約4万円(全体の0.01%)です。

正直このHEXA_LANDの価格を広告枠だけで元をとるのは厳しそうだなという意見です。ただ、単価の高い案件を広告に入れておくと数年で元を取れてそれ以降は自動で稼ぐ事も出来るので早く始めるとその分お得になるのは間違いなさそうです。

少し金額はしますが、どんなLAND NFTが販売されているのか気になった方は下のリンクから確認してください。

メタバース空間を自由に設計できる

現在HEXAではメタバース空間を体験出来るサービスが開始されています。
「住民票NFT」保有者は保有する住民票NFT毎の家にHEXA NFTを飾ることができます。

住民票NFTとは

HEXAは過去に3回無料配布で住民票NFTというものを配布しています。これを1枚持つことで1つのメタバース空間を所有することができます。初めに紹介した動画が住民票の一つの部屋です※現在住民票配布は行っておりません。不定期開催ですので次回の開催を待つか、所有者がすでに販売しているものもあるので購入も可能です。ちなみに無料で配布され住民票NFTですが番号の若いものが56万円で取引もされています。

住民票NFT配布(過去に実施したもの)

(ヘキサランド)HEXA LANDはメタバース上の区画であり、2022年度秋~冬にリリースされる予定のメタバース上で自由に建物を置ける土地としての機能もあります。これによって、コミュニティを皆でつくり大きくなればなるほど全員で利益を享受できます。

土地の割合の詳しい情報は今後でてくると思いますが、HEXA側が設けた区画の割合になってくるのではないかと思っています。こちらは情報が出てきましたら更新していきます。

現時点で予想できるのは、空間上にお店やコミュニティを設置すれば人が集まりよりHEXAを発展させたり、自分のビジネスを作ったりするが可能になって来るかもしれないということです。。よりよいコミュニティを作るにはもちろん土地を持っていれば良いわけではありませんが、自分次第では好きな事が出来る場所へと変化させる事ができます。

メタバース社会になると自分のこういった空間をいくつも持つことになると思いますが、その際に一つ、自分の場所としては自由に設計できるものがあるということはとて面白いと思います。

メタバース社会必須条件というものがありますのでご覧ください。今後自分の土地に何かを建てる時、コミュニティを作る時の参考になればと思います。

1,永続的であること

2,同期的である

3,無限の同時接続ができ、一人一人が存在感を持つ

4,完全に機能した経済

5,実社会との垣根なし

6,相互運用性

7,幅広い人々の貢献

この中で難しい条件はは、4つ目の「完全に機能した経済」だと私は思います。VRなどで大きく発展しているものがたくさんありますが、経済も絡むとなると法律の観点からも難しい所が多くあります。そこでこのHEXAではしっかりと法律に対応しながら成長を続けています。アートのNFTから始まり様々な活動へと発展もしています。こうした基礎を固めながら成熟していくプロジェクトは期待できるのではないでしょうか。

タック
タック

メタバースって他人事じゃなくて自分たちで作り上げていくんだね

展示会に自分の作品を展示できる(期間限定特典)

2022年10月に行われた展示会に自分で作った作品を展示できるイベントがありました。HEXA_LANDを保有する数と土地の大きさで表示される回数も大きさも違ったのですが、渋谷の駅前の東急プラザ渋谷で開催され沢山の来場者に作品が認知されたり、そこで売買が成立したりしました。

このようにHEXAで活動する方やNFTに興味がある方のコミュニティ活動の場も提供してくれています。とはいえこの企画が今後あるのかわかりませんが、ヘキサランドを持っておく事でまた何かメリットもあるかもしれません。

私も実際に展示会に顔を出して記事も書いていますのでご覧ください。

売買できる

HEXA LANDは法律の観点から、他のNFTと違ってHEXAから出庫できないようになっています。ですが、HEXA_NFTプラットフォーム内では自由に売買が可能となっています。現に沢山の取引が行われていて高額では100万円以上のものも取引されました。

過去の価格推移ですが、2022年1月14日に初めてHEXA LANDが販売されました。その時の価格ですが【Genesis:71万1千円】【Metropolis:10万8千円】【Town:1万2千円】【sand:3千円】でした。そこから半年程度で先程の図の通り10倍以上のものが多くなっています。こうして安い内に買い、値段が上がれば売って売買益を得ることは十分可能ですので投資の目線でも購入対象になると考えます。

HEXA_LAND 買うべき?買わないべき?

HEXA LANDのの広告枠があるからといった理由だけで購入するべきではないと言うのが現状だと思います。価格も最安値で4万円ですので値上がりだけを期待しすぎると後悔するのではないかと思います。とはいえ売却も可能なので数年は広告枠で使わせてもらって売却することが可能ですのであまりリスクはないように感じます。

あと、今後のメタバース社会になるにつれてHEXAの需要は高くなると思っています。それは特に登録料無料で日本円決済可能なHEXAは初心者がとても入りやすいプラットフォームになっているからです。とはいえ現在様々な企業がNFT・メタバースに参入してきていますのでその中でどのようにうまく付き合っていくのかが本当に大切なポイントではないでしょうか。メタバースの定義で「幅広い人々の貢献」とあったように協力しあえる企業や個人があっての社会なのでその方向性をあわせる必要があります。

結論ですが、資金に余裕があれば買っておくが私の答えです。
というのもメタバースの7つの定義に当てはまっていると考えるからです。今の一番安い金額で購入していれば、要らなくなったら売るだけで損失は限定的です。未来の楽しい社会を想像し自分を高め活る動出来るHEXAを経験するだけでもメリットだらけ、もしもっと良くしたいと考えの方が多く集まると価格も上がる、自分の空間も得られるし、広告収入まで得ることが出来る。さらにHEXAは日本語で問題があった時に対処してもらいやすいです。Openseaのようにトラブルに合った時に泣き寝入りしなくてすみます。これはあくまで私の意見ですので購入前はきちんと理解した上でご購入ください。

HEXALAND購入方法

先程も同じ画像を表示しましたがこちらのリンクから赤色マーク(販売中)をクリックし「購入」します。※この時価格設定は所有者が決めていますので同じ大きさであれば一番安い場所で問題ないと思います。今後中央に近いと価値が高いだとかあるかも知れませんが現在ではそういったアナウンスもないので気にしなくていいと思います。

広告枠の画像作り方と設置方法 【パソコン・スマホ】

HEXA_LANDは買ったけどその後どうしらいいの?って方は今から説明する方法で画像を作ってHEXAのページで申請すると自分の好きな広告を貼ることができます。今回は紹介する方法は携帯とパソコンどちらでも作成可能です。画像だけでは無くて動きのある画像を掲載したい場合もこの記事を見れば簡単に設置可能です。それでは始めてみましょう。

広告枠画像の作り方

Web上でCanvaを開くとGooleアカウント登録のみで無料でデザインが出来きます。
有料版もありますが、広告を作るだけでしたらデフォルトで入っているものだけで十分足りるので有料登録せずに使用しましょう。
Cnanvaページはこちらです

出来上がりの作品が下記になります。掲載後はこのようにHEXAのWebページに表示なります。
上記の画像の中にも書いていますが、HEXANFTより広告審査ガイドラインが出ていますので必ずお読みください。

最後に少し宣伝ですがHEXA内で子供達がクリエイターとして絵を描いていたり、ゴミを拾ってアートにしたりと素敵な活動をしています。そういった子供アーティストが集結して「ANDRO★META KIDZ」として活動を始動しました。下記の画像をクリックすると活動場のTwitterリンクに飛びますのでよかったらご覧ください。

まとめ

【HEXALANDを所有すると】

・広告枠がもらえる

・HEXAメタバースに建物を設置し、住民とコミュニケーションが取れる

・LANDの価値上昇で売買益を得る事が出来る

・【広告枠の画像の作成方法】

・Canvaを使用し無料で制作出来る

HEXA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA