NFTを始めるなら日本円で始められるHEXA

Bitcoin NFT(ビットコインNFT)とは?始め方を解説【図解】

上質な情報発信を続けてお役に立てるようサイト運営費用を賄うために、Googleアドセンス・アフィリエイト等を利用しており本記事はプロモーションを含みます。

ビットコイン(BTC)のNFTを始めたいけど何からしたら良いのかわからない

暗号資産・NFT保管ウォレット(Wallet)はどうするの?

この記事ではそういった人の悩みを解決します。

ビットコインのNFTを入手するには今まで使っていたMetaMask(メタマスク)では購入することができません。

これからビットコインのNFTを購入したい人に向けてウォレットの登録方法を解説します。

この記事でわかること
  • ビットコインNFTのウォレットの作り方
  • ビットコインNFT購入可能なマーケットプレイスの紹介
タック
タック

暗号資産を保有していない方は、コインチェックでビットコインの購入必要ですのでサクッと登録しましょう

編集者オススメ取り扱い通貨数おすすめ度公式サイトURL
23種類 Coincheck
30種類 bitbank
21種類 【GMOコイン】
20種類 SBI VCトレード
コインチェック

Coincheck登録はコチラ

コインチェック(Coincheck)口座開設【最短1日で取引開始】

コインチェックはアプリダウンロード数No1です。有名人がCMなどに出演しているので多くの人がすでに知っている企業です。大きな特徴としては、

  • 国内暗号取引アプリダウンロード数【No1】
  • 21種類の暗号資産が購入可能
  • 最短10秒で購入可能
  • 積立投資も可能

アプリがダントツで使いやすく初心者の方が安心して利用できる暗号資産の取引所です。

暗号資産の取り扱いが初めてで、

ビットコインを買いたい!イーサリアムを買ってNFTも買いたい!

という方には特におすすめできます。それでは画像を使って解説します。

Coincheck(コインチェック)の口座開設をします。

口座を作るに以下の3つの手順が必要です。

順番に開設していきますが、わかる方はサクサク進めていっても大丈夫です。【全て目安は10分です】

ただ、送られてくるメールが英語だったりで少し躓くポイントもあるのでわからなければ参考にしてくださいね。

手順1:メール登録

手順1−1 口座開設

まずはCoincheckコインチェック)のサイトの「口座開設はこちら」をクリックします

手順1−2 メールアドレス入力

・ご自身のメールアドレス

・パスワード※わかりやすい番号は避ける(あとから変更できます)

手順1−3 メール確認

手順1−4 届いた英語表記のメールを確認

すると、英語表記のメールが届きます。英語表記なので戸惑うかもしれませんが黄色で引かれたURLをクリックするとコインチェックのページへ飛びます。

このような件名のメールが届きます…

【メールアドレスの登録が完了しました】

Email address registration has been completedとメールが届きます。

メールの内容は、

Thank you for signing up for Coincheck.

Your email address has been registered.
Please click the URL below to confirm your email address.

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

Need more support:
https://faq.coincheck.com

Coincheckにご登録いただき、ありがとうございます。

お客様のメールアドレスが登録されました。
下記のURLをクリックして、メールアドレスをご確認ください。

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

もっとサポートが必要です。
https://faq.coincheck.com

黄色でマークされたURLをクリックしてください。

手順1−5 ログイン

すると、コインチェックの画面にとびますのでそこでサイトログインをします。

すると再度メールが届くので、URLをクリックし下記のページに戻って「更新」を押せばstep1は完了です。

手順2:基本情報の入力

手順2−1 電話番号認証

続いて電話番号認証を行います。画面右上の「取引アカウント」から登録を行います。

電話番号を入力すると携帯に6桁の認証コードが届きますので、コードを入力します。

コードが届かない場合

方法としてはもう一度再送する。それでも届かない場合はつないでいるネットワークの関係で届かない場合があるのでこのように対処しましょう→例えば)自宅のWi-Fiを使っているなら携帯電話のネットに切り替える。

僕の場合、初めは携帯電話に認証コードが届きませんでしたが、この方法で解決しました。是非試してみてください。

手順2−2 重要事項の承諾

電話番号の認証をしたあとは「重要事項の承諾」を行います。すべての欄にチェックを入れないと次に進むことができないので、すべてにチェックを入れます。

手順2−3 本人確認書類の提出

次にアプリを使って登録をしていきます。「アプリのQRコードを表示」をします。

※アプリが使えない人向けにもありますのでそちらでも登録可能です。今回はアプリでの登録方法を解説しますね。

QRコードを表示すると以下の画面が表示されますので、携帯でQRコードを読み取ってアプリをダウンロードします。

手順2−4 アプリからログイン

アプリをダウンロードするとログインが求められますので、初期で設定したアドレスとパスワードを入力します。

パスワードが合っていれば「OPEN」を押して登録情報を入力していきます。

手順2−5 基本情報の入力

次は基本情報の入力です。必要な入力事項8つ…

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 国籍
  5. 職業
  6. 移住国
  7. 住所
  8. 金融取引情報

順に正しく入力しましょう。

正しく情報を入力しよう

氏名や住所はもちろんのこと、取引の経歴が少なかったり金融資産を少なく申告すると信用が落ちる恐れがあります。それで審査不合格という事例も聞いたことがありますので正しく入力するようにしましょう

それでは順に情報を入力していきます。

入力が済めば「確認して次へ」を入力します。

すると、本人確認情報の提出が求められるので「提出」を押します。

これでStep2は完了です。次に写真撮影に移ります。スムーズにいけば5分程度で完了しますよ。

手順3:本人確認

手順3−1 書類の準備

ついに最後の工程になります。まずは下記の本人確認が取れる書類を準備します

手順3−2 書類の選択

僕の場合は「運転免許書」で登録しました。

あとは注意事項を確認して次へ進みます。

手順3−3 写真撮影

次に撮影の仕方が順にでるのでそれに従って撮影します。暗かったり、光が入りすぎていると認識されなかったりと何度もやり直しを指示されます。

また、最終申請後に見えづらい写真があると申請が通らない場合もあるので必ず納得の行く写真が取れるまではやり直してください。

どんな写真じゃないといけないのか

基本情報で入れた住所と乖離が無いことが大前提で、自分が審査する人の気持ちで自分の写真を判定してください。申請で落とされる事を考えると初めにしっかりと資料を提出することの方がよっぽどいいですよ。

写真を撮影完了すれば、すべての工程が完了です。

タック
タック

お疲れさまでした!あとは申請後の合否を待つだけです。

早い方だと翌日には結果がメールで届くので取引スタートできますよ。

ビットコイン(BTC)NFTとはビットコインのブロックチェーン上に作られているNFTのことです。

NFTとは【HEXA_NFT記事引用】

NFTはNon-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略称であり、デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、これまではコピーして無数に複製ができたデジタルデータを1つだけに特定し、移転・売買できるようにしたものです。美術品などと同様に新たな資産として注目されています。

これまでイーサリアム(ETH)上のブロックチェーンのNFTが主流だったので、そちらのNFTは購入を経験した人も多くいるかもしれません。

イーサリアムの場合、大半の人が

「MetaMask」と「OpenSea」がセットでしたよね

ですがビットコインの場合は違います。

ビットコインは以下の

  • ウォレットは⇛xverse(エックスバース)
  • NFTマーケットプレイスは⇛magiceden(マジックエデン)

を使用します。

多くの方が初めて聞くと思うので、初心者の方が迷わないように画像をたっぷり使って解説していきます。

ビットコインNFTのウォレットとは?「ウォレットの作り方を解説

ビットコインNFTを購入はmagiceden(マジックエデン)というNFTマーケットプレイスで購入しますが、magicedenに対応しているウォレットは限られています。今回は下記の「xverse」というウォレットを作ります。

ウォレット公式サイト
xverse(エックスバース)公式リンク(https://www.xverse.app/

それでは順に解説していきます。

まずはxverseにアクセスにアクセスし「ダウンロード」をクリックします。

※日本語表記で解説しています。

次に「Download Chrome」をクリックします。

Xcerse Walletの「Add to Chrome」をクリックします。

「拡張機能を追加」します。

これでGoogle Chromeの拡張機能に追加されました。

次にウォレットをつくりますので、拡張機能からxverseを選択し「Create Wallet」をクリック。

後でバックアップするという欄もありますが、「今すぐバックアップ」をして下さい。

次にシードフレーズを入力します。12の単語がでますので無くさないように保管します。

シードフレーズは暗号資産を守る一番大事な番号なので取り扱いには注意して下さい。

ハッキング知識があまりない人はまずはこの記事を参考にして下さい。

日本語表記にしている人は英語表記に戻してシードフレーズを安全な場所で保管します。

シードフレーズの確認がでるので12の英単語を入力します。

このとき番号不要で段落を変えて12個の単語を打つとと認証されます。

次にログインパスワードを入力します。他のパスワードの使い回しはハッキングリスクが高いのでなるべくこのウォレットのみ固有のパスワードを使用します。

パスワードを決めると確認でもう一度入力を要求され、そこにパスワードを入力すればウォレット作成が完了です。

それでは「xserver」に接続します。パスワードを入力しログイン。するとウォレット画面がでるので完了です。

ビットコインNFTのマーケットプレイスとは?

ビットコインNFTを購入するためにはNFTマーケットプレイスを経由して購入します。

これまでイーサリアムで購入していたNFTとは違ってOpenSeaは使いません。

ビットコインNFTを購入するためにはmagiceden(マジックエデン)というNFTマーケットプレイスを使用して下さい。

NFTマーケットプレイス公式サイト
magiceden(マジックエデン)公式リンク(https://magiceden.io/ordinals)

先程のウォレット作成と違って簡単にログインできます。

下記画像の左上が「BTC」が押されていることを確認し、右上の「Connect Wallet」をクリックします。

先程登録したXverse(エックスバース)をクリックします。

するとログイン画面がでるのでパスワードを打ち込み「承認」を押すと完了です。

これでNFTマーケットプレイスのmagiceden(マジックエデン)とビットコインNFTのウォレットxverse(エックスバース)の接続は完了です。

記事まとめ【CNP保有者はCNOに応募しよう】

この記事では、

  • ビットコインNFTのウォレットの作り方
  • ビットコインNFT購入可能なマーケットプレイスの紹介

ビットコインNFTを始めるための最低限の準備方法をお伝えしました。

NFTの7日間取引量第一位はまだOpenSeaですが、ビットコインNFTは他のチェーンを抜いて早くも取引量2位と爆発的人気が出てきています。

もしかすると大きな流れに乗れるかもしれないので是非この機会にウォレットの準備をしておくと良いと思います。

NFTを買う場合はハッキングに注意

NFTや暗号資産を取り扱う際に注意しないといけないのはハッキング被害です。

xverse(ウォレット)を作る際に入手した「シードフレーズ」は一度流出すると誰でも簡単にウォレットの中身を抜き出せる様になっていたりするので本当に危険です。

ハッキング対策として下記の10個を厳選した記事もありますので一度は目を通してからNFTや暗号資産を取り扱うようにしましょう。

NFTのハッキング対策10選

① ウォレットを2つ以上準備する

② 大事なNFTが入っているウォレットで取引しない

③ シードフレーズを教えない

④ パソコン内にシードフレーズを保管しない

⑤ 取引後はロックする

⑥ SNSのDMで送られてくるURLはむやみに開かない

⑦ 公式の連絡であることを確認する

⑧ 外出先のフリー Wi-Fiに繋がない

⑨ ウォレットに入っている知らないNFTを触らない

⑩ パソコンはなるべく最新の状態にしておく

仮想通貨(暗号資産)購入準備がまだの方

コインチェック

暗号資産(BTC)の購入がまだの方は3つのステップで簡単に登録できるコインチェックがおすすめです。

コインチェック(Coincheck)口座開設

コインチェックはアプリダウンロード数No1です。有名人がCMなどに出演しているので多くの人がすでに知っている企業です。大きな特徴としては、

  • 国内暗号取引アプリダウンロード数【No1】
  • 21種類の暗号資産が購入可能
  • 最短10秒で購入可能
  • 積立投資も可能

アプリがダントツで使いやすく初心者の方が安心して利用できる暗号資産の取引所です。

暗号資産の取り扱いが初めてで、

ビットコインを買いたい!イーサリアムを買ってNFTも買いたい!

という方には特におすすめできます。それでは画像を使って解説します。

Coincheck登録はコチラ

Coincheck(コインチェック)の口座開設をします。

口座を作るに以下の3つの手順が必要です。

順番に開設していきますが、わかる方はサクサク進めていっても大丈夫です。【全て目安は10分です】

ただ、送られてくるメールが英語だったりで少し躓くポイントもあるのでわからなければ参考にしてくださいね。

手順1:メール登録

手順1−1 口座開設

まずはCoincheckコインチェック)のサイトの「口座開設はこちら」をクリックします

手順1−2 メールアドレス入力

・ご自身のメールアドレス

・パスワード※わかりやすい番号は避ける(あとから変更できます)

手順1−3 メール確認

手順1−4 届いた英語表記のメールを確認

すると、英語表記のメールが届きます。英語表記なので戸惑うかもしれませんが黄色で引かれたURLをクリックするとコインチェックのページへ飛びます。

このような件名のメールが届きます…

【メールアドレスの登録が完了しました】

Email address registration has been completedとメールが届きます。

メールの内容は、

Thank you for signing up for Coincheck.

Your email address has been registered.
Please click the URL below to confirm your email address.

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

Need more support:
https://faq.coincheck.com

Coincheckにご登録いただき、ありがとうございます。

お客様のメールアドレスが登録されました。
下記のURLをクリックして、メールアドレスをご確認ください。

https://coincheck.com/registrations/email_confirm?○○○○○

もっとサポートが必要です。
https://faq.coincheck.com

黄色でマークされたURLをクリックしてください。

手順1−5 ログイン

すると、コインチェックの画面にとびますのでそこでサイトログインをします。

すると再度メールが届くので、URLをクリックし下記のページに戻って「更新」を押せばstep1は完了です。

手順2:基本情報の入力

手順2−1 電話番号認証

続いて電話番号認証を行います。画面右上の「取引アカウント」から登録を行います。

電話番号を入力すると携帯に6桁の認証コードが届きますので、コードを入力します。

コードが届かない場合

方法としてはもう一度再送する。それでも届かない場合はつないでいるネットワークの関係で届かない場合があるのでこのように対処しましょう→例えば)自宅のWi-Fiを使っているなら携帯電話のネットに切り替える。

僕の場合、初めは携帯電話に認証コードが届きませんでしたが、この方法で解決しました。是非試してみてください。

手順2−2 重要事項の承諾

電話番号の認証をしたあとは「重要事項の承諾」を行います。すべての欄にチェックを入れないと次に進むことができないので、すべてにチェックを入れます。

手順2−3 本人確認書類の提出

次にアプリを使って登録をしていきます。「アプリのQRコードを表示」をします。

※アプリが使えない人向けにもありますのでそちらでも登録可能です。今回はアプリでの登録方法を解説しますね。

QRコードを表示すると以下の画面が表示されますので、携帯でQRコードを読み取ってアプリをダウンロードします。

手順2−4 アプリからログイン

アプリをダウンロードするとログインが求められますので、初期で設定したアドレスとパスワードを入力します。

パスワードが合っていれば「OPEN」を押して登録情報を入力していきます。

手順2−5 基本情報の入力

次は基本情報の入力です。必要な入力事項8つ…

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 国籍
  5. 職業
  6. 移住国
  7. 住所
  8. 金融取引情報

順に正しく入力しましょう。

正しく情報を入力しよう

氏名や住所はもちろんのこと、取引の経歴が少なかったり金融資産を少なく申告すると信用が落ちる恐れがあります。それで審査不合格という事例も聞いたことがありますので正しく入力するようにしましょう

それでは順に情報を入力していきます。

入力が済めば「確認して次へ」を入力します。

すると、本人確認情報の提出が求められるので「提出」を押します。

これでStep2は完了です。次に写真撮影に移ります。スムーズにいけば5分程度で完了しますよ。

手順3:本人確認

手順3−1 書類の準備

ついに最後の工程になります。まずは下記の本人確認が取れる書類を準備します

手順3−2 書類の選択

僕の場合は「運転免許書」で登録しました。

あとは注意事項を確認して次へ進みます。

手順3−3 写真撮影

次に撮影の仕方が順にでるのでそれに従って撮影します。暗かったり、光が入りすぎていると認識されなかったりと何度もやり直しを指示されます。

また、最終申請後に見えづらい写真があると申請が通らない場合もあるので必ず納得の行く写真が取れるまではやり直してください。

どんな写真じゃないといけないのか

基本情報で入れた住所と乖離が無いことが大前提で、自分が審査する人の気持ちで自分の写真を判定してください。申請で落とされる事を考えると初めにしっかりと資料を提出することの方がよっぽどいいですよ。

写真を撮影完了すれば、すべての工程が完了です。

タック
タック

お疲れさまでした!あとは申請後の合否を待つだけです。

早い方だと翌日には結果がメールで届くので取引スタートできますよ。

国内最大級のDAO「NinjaDAO」から特別優先販売の告知【CNO】

国内最大級のDAOである「Ninja DAO」もビットコインNFTに参入するということでコチラのツイートが流れています。

https://twitter.com/IHayato/status/1670000699198050304?s=20

販売の詳細ですが以下となっています。

  • CNPオーナー限定の抽選企画(事前予約が必要)
  • 個数500体の当たれば超ラッキーの企画
  • 販売価格は0.001BTC【約3700円】とかなりの低価格販売

CNP / CryptoNinja Partnersというコレクションを保有している人が限定ですが下の画像「giweaway」から進むと登録ができますので是非やってみましょう。

こういった企画が他のコレクションでも活発になってくるかもしれないので楽しみです。

それでは本日はここまで!最後まで見ていただきありがとうございました。

編集者オススメ取り扱い通貨数おすすめ度公式サイトURL
23種類 Coincheck
30種類 bitbank
21種類 【GMOコイン】
20種類 SBI VCトレード

Coincheck登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA